「Platform」は川辺直哉建築設計事務所が中心となり、住まいに関する情報や企画、身の回りの出来事や日々の活動報告などを、フラットな情報として共有していくためのサイトです。
住宅を建てる
賃貸住宅を建てる
リノベーション
プノンペン
ダイアリー
2015.7.14 
王禅寺の住宅
「近景と遠景をつなぐ輪郭」

必要な面積と生活動線を緩やかなゾーニングで組立て、敷地の中でのそれらの配置検討を繰り返していくなかで、その軌跡が必要面積を確保するために広がり、隣接敷地の空地を取り込むべくして窪み、徐々にそれらが建築の輪郭として現れ始めた。また敷地面積に余裕があったため、中央に空地を作ることができ、結果的に外側の輪郭と内側の輪郭をもち傾斜方向に開いた外形となった。

平面的にみると4つの矩形が隅で寄り添った形状となっており、各矩形にそれぞれ用途があるが、内部空間を緩やかに繋げることで適度な距離感をもたせた。また各々の場所が窪みを介して外部との関係をもち、さらに梁を露出した天井面を軒として連続的に外部に張り出すことで、輪郭に沿って内外の場所をつくっている。

外側の輪郭は開口を抑え、敷地周囲に近接した「近景」との関係をつくり、外部の空地を積極的に敷地内に取り込む役割をもつ。内側の輪郭は開口を多く設け、中庭を介して空や遠くの山並みといった「遠景」と関わりをもたせることを意図している。この建築では、この輪郭にそって日々の移動を繰り返す中で、「近景」と「遠景」が結びつけられ、時間の経過とともに生活の輪郭となる幾重もの線が重ねられていくだろう。

この「近景」と「遠景」に対する意識は、本計画のような傾斜した土地形状のもつ特性が、建築の構成により顕在化され、かつ角地という条件が重なって現れたものであると言える。いわば特殊解であるけれども、日々の生活を受容し周囲との関係をつくる住宅設計に対する汎用性をもつと考えている。

※新建築住宅特集2015年05月号より抜粋 この記事にコメントする
設計・監理
川辺直哉建築設計事務所 担当/上野宏岳
構造設計
S3Associates
用途
戸建て住宅
敷地面積
207.21㎡
建築面積
78.47㎡
延床面積
103.88㎡
構造
木造
規模
地上2階
工期
2014.05〜2014.12
施工
コラム
植栽計画
タカ・グリーン・フィールズ
受賞
第59回神奈川県建築コンクール優秀賞
関連Topics
雑誌掲載
2015.4.20
王禅寺の住宅 住宅特集2015/05
新建築住宅特集2015.05月号、特集/建ち方 に「王禅寺の住宅」を掲載して頂きました。
住宅
2015.1.17
新百合ケ丘の住宅 引渡し後
新百合ケ丘の住宅に、ご入居後、お邪魔する機会がありました。不具合等も特に無いようで、快適に暮らし...
住宅
2014.12.29
新百合ケ丘の住宅 引渡し
残工事がいくつかありますが、本日無事に「新百合ヶ丘の住宅」の引渡しを行うことができました。 関係...
住宅
2014.12.3
新百合ケ丘の住宅 足場解体
外壁工事が完了して、足場を解体しました。 着工から約半年、完成間近です。
住宅
2014.11.20
新百合ケ丘の住宅 外部塗装・内部造作工事
外部塗装工事が始まりました。今回は外部にも木部が現れるので、保護材も兼ねた塗料を塗っていきます。
住宅
2014.10.13
新百合ケ丘の住宅 学生見学会
新百合ケ丘の住宅は現在サッシを取り付けています。 お施主さんのご好意で、学生の見学会を実施しまし...
住宅
2014.9.30
新百合ケ丘の住宅 防水 下地工事
屋根の防水工事が終了しました。今回はFRP防水と呼ばれる繊維強化プラスチックの防水を採用しています。...
住宅
2014.8.25
新百合ケ丘の住宅 上棟
新百合ケ丘の住宅が上棟しました。 現しの梁もきれいに架かっています。
住宅
2014.8.2
新百合ケ丘の住宅 根伐り状況
新百合ケ丘の住宅は、擁壁工事が完了し、本体工事に入りました。 今回は基礎形状が比較的複雑で、遺跡...
住宅
2014.7.15
新百合ケ丘の住宅 擁壁
新百合ケ丘の住宅の擁壁工事が完了しました。型枠はラワン合板の2×6を使用しており、程よい粗さに...
住宅
2014.5.8
新百合ケ丘の住宅 地鎮祭
新百合ケ丘で住宅が着工しました。 天候にも恵まれ、青空のもと、簡易ながら地鎮祭を行い、模型や地縄...
 
住宅
2015.7.14
王禅寺の住宅
「近景と遠景をつなぐ輪郭」 必要な面積と生活動線を緩やかなゾーニングで組立て、敷地の...
 
住宅
2015.7.11
鎌倉材木座の住宅
「ふたつの住宅を敷地割りから設計する」 土地を分割し、別々の家族が暮らすためのふたつ...